教育ローンは総量規制対象外になるの?

教育ローンは総量規制対象外になるのかどうかですが、一般論としてはそのとおりです。ただし、どんな場合であっても教育ローンは総量規制対象外だと鵜呑みにしていると思わぬ落とし穴に落ちることもありますから、注意が必要です。
いったい、総量規制とは何かというと、ノンバンク、貸金業者からお金を借りる場合に、その人の年収の三分の一以上のお金を借りられないようにする法律です。これは複数のノンバンク、貸金業者からお金を借りていても同様であり、合計して自分の年収の三分の一以上は借りることができないのです。これは、借りすぎを防ぐために設けられたもので、年収の三分の一以上ものお金を借りては、結局は返済できなくなってしまう人が多いことから作られた法律です。しかし、この規制の対象になっているのはあくまでもノンバンク、貸金業者だけなのです。
つまり、逆にどういうものが総量規制対象外なのかというと、貸金業者以外からお金を借りる場合です。同じような教育ローンでも、消費者金融、信販会社など、貸金業者から借りた場合は、総量規制の対象になってしまうのです。
総量規制対象外で教育ローンを借りたければ、例えば銀行、信用金庫、信用組合などから借りることが必要になります。もちろん公的な教育ローンであっても構いません。
結論として、教育ローンだから規制の対象か対象外かという議論はあまり意味がなく、どこから借りるかによって決まるということです。

,